毛穴に詰まったポツポツ角栓はどうやってケアするの?

投稿日:

小鼻周辺や口元って、角栓が詰まりやすいですよね。

ポツポツ飛び出た角栓が気になって、つい触ってしまったり無理やり取ってしまったり……という経験は誰もがあると思います。

しかし、実は無意識の行動がさらなる肌荒れを引き起こしていることも。

角栓の正しいケアを理解して、ザラつきのないスベスベのお肌になる方法を紹介していきます。

角栓が詰まるメカニズム

最初に、角栓が詰まってしまう仕組みを学んでいきましょう。

角栓が詰まってしまう原因は、毛穴の中に皮脂やメイク成分などの汚れです。

毛穴に残った汚れがうまく排出されず、溜まって固まってしまうことで角質ができてしまいます。

通常、クレンジングや洗顔などで汚れは取り除かれるのですが、クレンジングが不十分だったり、正しく洗顔ができていなかったりすると、角質ができやすくなります。

角栓を放置していると酸化して黒ずんだ色になったり、炎症を起こしてにきびになったりと様々な肌トラブルを引き起こすことに。

特に女性はメイクをする方が多いので、ファンデーションやフェイスパウダーなどの成分が毛穴に残りやすいです。

さらに、メイクに時間を掛ける方は多いのですが、クレンジングも同じくらい丁寧に行っているでしょうか。

メイクは重ねれば重ねるほど落ちにくくなるので、本来であれば落とすところまで丁寧に行うことが望ましいのですが、クレンジングがおろそかになっている人は多いです。

角栓のこんなケア方法はNG

触ったり押し出したりは厳禁

角栓があると手触りがざらつくので、ついつい気になって指で押し出してしまう……という方もいると思います。

しかし、無理やり角栓を取ってしまうと毛穴が開いたままになってしまい、再度角栓ができたり炎症を起こしてしまったりします。

角栓が気になってもなるべく触らないように心がけましょう。

毛穴パックやピーリングは使わない

毛穴パックやピーリングで根こそぎ取ってしまいたい気持ちになることもあると思います。

しかし、指で押し出すのと同様に毛穴パックやピーリングはおすすめしません。

毛穴パックやピーリングは肌に与えるダメージが大きく、肌のターンオーバーを乱してしまう可能性があります。

角栓の正しいケア方法

汚れを丁寧に落とす

上で解説したとおり、クレンジングと洗顔は丁寧に行うことがすべての基本となります。

クレンジングはオイルやミルクなど自分の肌質に合ったものを使い、汚れがしっかり落ちるものを使いましょう。

小鼻や顎など細かいところもマッサージするようにくるくると撫で、毛穴に汚れが残らないように意識するのが大切です。

落とすときには水を少しずつ付けて乳化し、流し忘れる部分が無いようにします。

ダブル洗顔が必要な場合は、たっぷりと泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。

洗顔料も流し忘れがあると肌の刺激になるので気をつけてください。

保湿×引き締めを徹底する

洗顔の後は化粧水などを付けていきます。

化粧水を選ぶ際は、

  • ハマメリスエキス
  • カミツレ花エキス
  • キューカンバーエキス

など、毛穴を引き締める収れん効果があるものがおすすめです。

せっかく汚れを落としても、毛穴が開いたままだと後から汚れが入り込んで角栓ができる原因になってしまいます。

化粧水は数回に分けてたっぷりと付け、潤った肌が毛穴を埋めるようにしましょう。

角栓が気になるときは乳液やクリームを付けない方もいると思いますが、付けないと逆に角栓ができやすくなってしまいます。

水分と油分をバランスよく含んだ柔らかい皮膚は、角栓ができても排出しやすいのでツルツルの状態が保たれます。

適度な量の乳液やクリームを使って保湿するようにしましょう。

スペシャルケアは週末に

酵素洗顔やスクラブなどを毎日行うと、肌や毛穴への刺激が強すぎてしまいます。

スペシャルケアを行った直後は肌がとても綺麗に見えますが、繰り返すうちに肌が疲れてターンオーバーが乱れてしまいます。

細胞の生まれ変わりが上手くいかないと、汚れが出ていかず角栓ができやすくなるのはもうお分かりかと思います。

スペシャルケアは週に1~2回、週末や特別な日だけ使うようにしてください。

まとめ

角栓のケアについて詳しく解説しました。

毎日のケアを丁寧にしっかりと行っていくことで、確実に毛穴へアプローチすることができます。

美しい肌を叶えるためにも、まずは今のスキンケアを見直してみてくださいね。

Copyright© 【買う前に必読】豊潤サジー口コミ!効果検証・飲み方の解説 , 2019 All Rights Reserved.