体を冷やさないために食べたい食材をまとめて紹介!

投稿日:

春になっても、夜になるとまだまだ寒い日が続きますよね。

そんなとき、ひざ掛けをかけたりカイロなどを使ったりしてもなかなか冷えが取れず、体調が悪くなってしまった……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで大切なのが、外側からではなく内側から温めること

私たちが普段食べている食材の中には、体をポカポカ温めてくれるものがあるのです。

体を温める食材について知ることで、寒いと感じる日でも内側から温まることができますよ!

根菜類:体調を整えて内側から健康に

健康な毎日のためには野菜を摂ることが欠かせません。

中でも、

  • ごぼう
  • 人参
  • れんこん
  • さつまいも

などといった根菜類は体を温める食べ物として有名です。

根菜類には食物繊維が豊富なのでお通じに良いと言われていますが、実は体を温めてくれる働きもあるんですよ。

根菜類は水分の含有量が少なく、その分ビタミンやミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。

ビタミン類は体の調子を整えてめぐりを良くする働きがあり、ミネラル類はたんぱく質の合成をサポートして健やかな体を作るのを助ける働きがあります。

体が冷えているなと感じた日はなるべく根菜類を中心としたメニューにしてみると良いでしょう。

逆に、レタスやトマト、きゅうりなど、みずみずしい野菜は食べやすいですが体が冷えやすくなってしまいますので気をつけてくださいね。

ショウガ:ショウガオールでほっこり

体を温める食材として真っ先に挙げられるのが「ショウガ」ですよね。

ショウガには辛味成分の「ジンゲロール」や「ショウガオール」がたっぷり含まれており、これらの成分が体を温めてくれます。

ショウガを舌で味わうとピリピリとした刺激を感じますが、この作用が体内でも起こり、感覚細胞が刺激されることで体が活性化して温まってくるのです。

ショウガの他にもトウガラシなどのスパイスは同様に温める働きがありますが、辛いものが苦手な方は食べられません。

そこで、ショウガなら料理の隠し味として使ったり、はちみつや紅茶とともに飲んだりすることで辛いものが苦手な方でも取り入れやすくなります。

ホットレモネードやエスニック風のスープなど、温かくして食べるとさらにポカポカ感がUP!

調理する際に気をつけてほしいのが、「必ず皮ごと使うこと」です。

野菜の皮はどうしても剥いて処理したくなってしまいますが、代謝を高めてくれるショウガの有効成分は皮の近くに存在します。

すりおろしたり細かくみじん切りにすることで食感も良くなり、より香りが引き立ちますのでぜひ皮ごと調理に使ってみて下さい。

ネギ:辛味成分でポカポカ感UP

ショウガと同じく、ネギも「アリシン」と呼ばれる辛味成分が含まれています。

アリシンは血行促進効果があり、代謝をアップしてくれるので冷えやだるさが取り除かれます。

また、辛味成分による殺菌効果、疲労回復効果など様々なメリットがあるため、寒い時期には積極的に食べていきたい野菜となっています。

もちろんビタミン類も豊富に含まれているので、なんとなく体調が悪いときにはぜひ取り入れてみて下さい。

鍋や炒めものなどでたっぷり食べるのがおすすめです。

スープや付け合せの薬味としても使えるので、冷蔵庫に常備しておきたいですね。

ココア:ポリフェノールで血行促進

ご飯を食べるほどじゃないけど、小腹が空いてきちゃった……そんなときにおすすめの飲み物が「ココア」です。

温かいココアを飲むと体の芯から温まってホッとしますよね。

それは、温度が温かいだけでなくココアそのものに冷え性改善効果があるからなんです。

上で紹介したショウガよりも、ココアを飲んだときのほうが温まりが長続きしたという実験結果も出ているんですよ。

ココアには、血管拡張作用のある「ポリフェノール」や「テオブロミン」と呼ばれる成分が含まれています。

血行を良くして体温を上げるだけでなく、血圧も落ち着くのでほっと一息つきたいときにうってつけの飲み物なんです。

ほんの少しショウガをすりおろして混ぜるとさらにポカポカ感が期待できます!

まとめ

この記事では、体を温める食べ物や飲み物についてご紹介しました。

外側と内側、両方から温めることで冷えにくく強い身体になること間違いなしです。

これらの食材を上手に取り入れ、普段の生活から冷え対策を心がけてみてくださいね。

Copyright© 【買う前に必読】豊潤サジー口コミ!効果検証・飲み方の解説 , 2019 All Rights Reserved.