ファンデを1日崩さない!化粧下地の基本的な使い方

投稿日:

暑い時期は皮脂や汗による崩れ、寒い時期は乾燥による崩れ……ファンデーションの崩れは1年中気になるものですよね。

ファンデが崩れてボロボロの状態だと、老けて見えたり不潔な印象を与えてしまったりするかもしれません。

できれば、メイク直後のツルツルの肌を1日中キープしていたいですよね。

実は、ベースメイクのちょっとした工夫で綺麗なメイクを保つことができるんです。

この記事では、特に「化粧下地」に注目して崩れないメイクの方法をご紹介していきます。

ファンデが崩れる原因とは?

ファンデが崩れる原因としては、

  • 汗や皮脂
  • スキンケアの水分や油分
  • 厚塗り
  • 食生活の乱れ

などが挙げられます。

まず、最も多いメイク崩れの原因といえば、汗や皮脂ですよね。

せっかく綺麗にファンデを塗っても、肌の内側から水分や油分が出てくるので、メイク成分が浮いて剥がれやすくなってしまいます。

スキンケアをしたあとにすぐメイクをすると崩れやすくなるのも同じ理由です。

メイク成分がしっかりと肌に密着していれば汗をかいても取れにくいですが、スキンケア成分が多かったり汗をかいたりするとファンデが浮いて流れてしまいます。

そこで、化粧下地を使うと肌にぴったりとファンデが付いて崩れにくくなるというわけです。

乾燥している肌はファンデのノリが良くないのは分かりますが、塗れば塗るほど崩れやすくなるので気をつけましょう。

基本的に、スキンケアやメイクは必要最低限の量をうすく伸ばすのが大切です。

さらに、肌から過剰に皮脂が分泌されないよう、乾燥や油っこいものの食べ過ぎも避けてくださいね。

化粧下地の選び方

化粧下地と言っても、実に様々な効果を持つアイテムがあります。

  • 皮脂崩れ防止
  • ウォータープルーフ
  • 保湿
  • 日焼け止め
  • 美容成分配合
  • 色ムラ補正
  • 毛穴埋め

化粧下地はこの中でも複数の効果を発揮するものが多いので、自分の手持ちのファンデーションとの相性を考えて選ぶようにしましょう。

しっとりするリキッドファンデならウォータープルーフタイプの化粧下地、日焼け止め効果のないファンデならUVカットタイプの化粧下地、乾燥しやすいファンデなら美容成分や保湿成分が配合された化粧下地……など、ファンデによって化粧下地を変えるのがベストです。

最近では、肌のうるおいは保ちつつ皮脂崩れは防止してくれるような高機能の化粧下地も発売されていますので、一回試してみて下さい。

ドラッグストアで手に入るプチプラの化粧下地でも意外と使えたりするので、組み合わせを色々変えてみるのもいいですね。

できれば、化粧下地とファンデーションは同じブランドのラインで揃えると崩れにくさがアップします。

同じブランド内ではファンデとの相性を考えて作られていますので、他のメーカーで良いものが見つからない場合はライン使いを検討してみて下さい。

化粧下地の使い方

スキンケアを終えたら、少し時間をおいてからメイクを始めて下さい。

スキンケア成分のベタつきが気になる場合は、コットンや乾いたスポンジで軽く抑えてあげると良いでしょう。

上でも解説しましたが、化粧下地もファンデーションも「必要最低限」の量を使っていきましょう。

下地を手のひらに出したら、いきなり塗り拡げるのではなく額・両頬・花・顎の5点においてからまんべんなく伸ばして下さい。

額は下から上に、頬は外側に向かって広げます。

小鼻のきわの部分はよれやすいので、皮脂を吸着してくれる下地を使い、指先でしっかり叩き込みましょう。

目の周りや口元は乾燥しやすい部分なので、ごく薄く塗って下さい。

塗りムラが気になる場合は、スポンジで優しくなじませていくとナチュラルに仕上がります。

下地が塗り終わったあとも、数分時間をおいてあげるのがポイントです。

化粧下地の水分が残ったままファンデーションを重ねてしまうと崩れやすくなるので、ベースメイクはなるべく時間をかけてくださいね。

まとめ

1年を通してメイク崩れの悩みは尽きませんが、少し丁寧に時間をかけてあげるだけで大幅に崩れを防止することができます。

せっかく綺麗にメイクしたなら、1日中化粧したての状態をキープしていたいですよね。

今回解説した化粧下地のテクニックをぜひ活用してみて下さい!

Copyright© 【買う前に必読】豊潤サジー口コミ!効果検証・飲み方の解説 , 2019 All Rights Reserved.