しつこい背中ニキビ(身体ニキビ)の原因と対策方法とは?

投稿日:

ニキビといえば顔にできるものが大半だと思いますが、背中にできてしまうときもありますよね。

顔と違って背中は自分から確認することが難しいので、気がついたときにはもうたくさんできてしまっていた……とショックを受ける方も多いと思います。

ノースリーブや水着などを着る暑い時期にとって、背中ニキビはおしゃれの大敵です。

しかし、顔用のニキビケアアイテムはたくさんありますが、背中ってどうやってケアしたら良いのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 背中ニキビができるメカニズム
  • 背中ニキビの予防・改善方法

についてご紹介していきます。

綺麗な背中でおしゃれを楽しみたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

背中ニキビができるメカニズム

背中はニキビができやすい環境だった!

背中は意外とニキビができやすい環境だということをご存知ですか?

まずは、背中の皮膚としての特性を学んでいきましょう。

人間は、正中線上にあるパーツは毛穴の数が多く、皮脂や汗がたくさん分泌されると言われています。

※正中線とは、正面から見て中央を頭からまっすぐ縦に分割する線のことを言います。

つまり、頭・背中・胸などの胴体周辺は皮脂や汗の分泌量が多く、腕・足は分泌量が少ないということです。

そのため、背中も顔と同じように皮脂や汗がたくさん出ているのでニキビができやすい環境なのです。

また、最初にもお伝えしましたが背中は自分の目でじっくり確認することができず、顔などと異なりスキンケアがおろそかになりがちになってしまいます。

汗をかいたとしても、顔やデコルテは拭くことができますが背中までしっかり拭くことはできないですよね。

そのまま放置された皮脂や汗が酸化することでニキビの原因になってしまうのです。

睡眠時も要注意

さらに、人間は活動しているときだけではなく睡眠時間中も汗をかいています。

実は、私たちは寝ているときでも0.5L前後の汗をかいているのです。

仰向けの状態で布団をかけていると、背中は寝具と密着している上に風通しが悪い状態になり、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

寝ている最中に背中の汗のケアなどできないため、気がつくと背中ニキビができていた……という事態になってしまうのです。

シャンプーやトリートメントの洗い残し

また、シャンプーやトリートメントの洗い流しが不十分なことでも背中ニキビは発生しやすくなります。

シャンプーやトリートメントは正しく使えば綺麗な髪の毛を保つことができますが、背中の肌に残っていると刺激物です。

特に髪の毛の長い方は注意し、背中にシャンプーやトリートメントを付けないよう気をつけてください。

外部からのダメージ

汗・皮脂・シャンプーやトリートメントの他にもニキビの原因はたくさんあります。

紫外線や乾燥によって皮膚のバリア機能が低下するので、ニキビができやすくなってしまいます。

夏場は薄着になるので紫外線ケアをしっかりと行い、冬場は保湿ケアを適度に行ってください。

もちろん、日焼け止めの洗い残しや過剰な保湿ケアはニキビの原因になってしまいますので注意。

また、服や髪の毛による皮膚との摩擦は刺激となり、ニキビだけでなく炎症を起こすことも。

細かいかもしれませんが、これらの原因が複合してニキビを発生させている可能性もあるのです。

背中ニキビの予防・改善方法とは?

まずは汚れを洗い流す

まずは、背中の汚れをきれいに洗い流すことから始めていきましょう。

背中は手が届きにくくて洗いにくい部分ではありますが、ボディータオルやボディーブラシ等を使って洗っていってください。

ここで、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。

ボディータオルやボディーブラシは柔らかいものを使い、石鹸をよく泡立てて優しく洗っていきましょう。

乾燥肌の方は洗浄力の少ないボディーソープで刺激を抑えてください。

もちろん、洗った後のすすぎも丁寧に行ってくださいね。

油分と水分のバランスを保つ

洗った後は顔と同じように適切なスキンケアを行いましょう。

「カサカサして乾燥している」という方は、ボディークリームやジェル等を使い保湿をしてください。

「皮脂量が多くてベタつきが嫌い」という方はさっぱりめでビタミンC誘導体配合のものがおすすめです。

すでにニキビがあるところには、ニキビを抑えるクリームを少しだけ塗りましょう。

気になってこすってしまったり、潰して芯をだしたりしてしまうとさらに炎症がひどくなり跡が残ってしまうことがあるので厳禁です。

規則正しい生活を心がける

どんなに外側からケアをしたとしても、生活習慣が乱れてしまっていては何の解決にもなりません。

ストレス・疲労・睡眠不足・栄養の偏り……これらは全て肌にとって良くないことばかりです。

ニキビのない肌を目指していくのなら、

  • ストレスをなるべく減らしてリフレッシュする
  • 疲れを溜め込まない
  • 最低でも6時間の睡眠は確保する(理想は7~8時間)
  • バランスの良い食事を心がける
  • 適度に運動をする

といったことを心がけていきましょう。

まとめ

背中ニキビは見えにくいところにできるので、どうやってケアしたらいいか分からない……という方も多いと思います。

しかし、正しい対策や予防を行っていくことで背中ニキビはだんだんと減っていくことでしょう。

綺麗な背中を保つためにも、ぜひ今日から心がけてみてくださいね。

Copyright© 【買う前に必読】豊潤サジー口コミ!効果検証・飲み方の解説 , 2019 All Rights Reserved.